2016年01月24日

城陽市−4℃

昨日、今日は強い冬型の気圧配置為、大変寒いです(>_<)
城陽市では最低気温−4℃。雪は降っていませんが、風は冷たいです。
気密の悪い我が家では震えながらこたつに入り、お風呂に入るのも一勇気です。

お家な中での温度差はヒートショック等で怖い問題もあります。
断熱性能は新しいお住まいを探される際での重点項目になってきます。

ハシモトハウスの断熱材にはアクアフォームを施工しています。
アクアフォームは硬質ウレタンフォームを現場で水の力により発砲し、吹付け施工する今までにない断熱材です。
01-02_thumb.jpg
現場吹付け発砲なので、隙間なく施工できます。
1677f80790cffa200c9b19eb10e7641d.jpg
また自己接着力によって、躯体との間に隙間ができにくく、長期間にわたって優れた気密・断熱性を維持します。
その断熱効果はグラスウール10Kと比べ、1.5倍以上もの効果を発揮します。「透湿性」も低く、壁の中の結露を抑制し、建物の耐久性を高めます。
断熱性が高いと、1年を通じて、省エネルギーで快適な室内温度を保てます。
隙間のない構造で家中を密閉するため、冬場も暖房で温めた空気がにげにくく、家中が暖かいです。底冷えや部屋によって温度差が生じるヒートショックも軽減出来るため、お年寄りや冷え性の方にも安心・快適な住まいです。冷暖房の熱ロスも少ないため、具体的に暖冷房費で比較すると、一般的な断熱住宅に比べ、ランニングコストは約1/2に抑える事ができ、省エネルギー効果があります。
02-01.gif
アクアフォームの細かな連続気泡構造は吸音性にも優れています。従来隙間から入り込んでいた外部の騒音や気になる内部の生活音の漏れをシャットアウトし、騒音の少ないプライベート空間を維持しています。
建物に隙間が多いと、風や湿気が外から建物の中に入ってきます。建物を効率的に換気するには、まず高い気密性をもった住宅を造る必要があります。高い気密性があってはじめて、効率的に、計画的に建物を換気することが可能なのです。24時間換気システムとの組合わせで、アクアフォームは健康的な空気環境を造りだします。
02-02.gif

★城陽市・宇治市にてアクアフォーム標準施工の建売物件がございます。
 是非体感してみてください。
 お気軽にお問合せ下さい。お待ちしております。

posted by 橋本不動産城陽店 at 14:29| Comment(0) | 城陽店

2016年01月04日

2016新春!!

あけましておめでとうございます。

橋本不動産鰹髣z店は1月4日より営業いたしております。
本年も宜しくお願いします。

今年のお正月は本当にお天気に恵まれました。
我が家では恒例の凧揚げを行いました。DCIM0300.JPG
風があまり吹いていなかったため、相当走らせていただきました。(^_^;)

さて我が家の恒例行事では年末に大掃除と模様替えを行いました。
14年前に何も考えず建売物件を購入した為、コンセントの位置や窓の位置で制限があり、大きな模様替えが出来ないので片付けがメインとなりました。現在子供が2人(長男12才・長女10才)いるのですが、我が家は収納も少なく、整理整頓がしにくい家なので、子供の躾にも影響が出ている事も否めません。私の当時の知識では足りなかった点を建築業界で20年の経験をいかして今年もお客様にはご提案していきたいと思います。

本年は増税の前年となります。注文住宅に至りましては今年9月までの請負契約期限がありますので多くの方々が住宅ご検討をされるとは思います。当社ハシモトハウスも比較検討の一つとしてご検討をしていただき、他社さんとの違いを見ていただければ幸いです。お気軽にお問合せ下さい。
posted by 橋本不動産城陽店 at 15:31| Comment(0) | 城陽店